トップ
霊的な相談及び指導 スピリチュアルカウンセリング
大日本神相学派琉家 陰陽師 神政館

[神政館陰陽師・写経伝法]

神政館の写経伝法の奉納金は十万八千円。
(伝法代金には写経手本が含まれています。)
神政館では、縁者より受け取る金銭〔徳〕は、全て貴方の持っている「徳〔金銭〕との交換」と言う考えから、神政館への奉納金と表記する。

神政館の写経の伝法は、陰陽師らしく一枚の符として個人に伝法するものだ。符というからには、世間一般の寺などで教えてもらえる写経とは一線を画する。写経は般若心経を基本として、その他の写経は多数あるが、それらは其の都度個人の神業の進み具合で伝法を許すものだ。

伝法を許された般若心経は、般若心経の作者の四魂と、伝法を許された者との四魂を、般若心境の書写を合図に結ぶものだ。従って、書写された写経は符としての法力を身に付け、先祖供養はもちろんの事、因縁解法から病気治癒に至るまで、多岐に渡って使用できるものだ。